マツエクをしているならDUOクレンジングは辞めたほうが良い理由

D.U.Oザクレンジングバームの本体画像

結論としては、まつ毛エクステを装着している場合はDUOクレンジングバームを使わないほうが良いそうです。公式サイトのQ&Aで言及されていました。

D.U.Oザクレンジングバームをマツエクに使用してはいけない理由の画像

よくあるDUOクレンジングの口コミサイトでは、マツエクに使用可能と書いてありますよね。公式サイトの見解では極力使わない方が良いらしいので、マツエクを装着している場合は辞めた方が良いでしょう。DUOクレンジングよりも、他のマツエク用クレンジングを使用する事をお勧めいたします。DUOクレンジングは、美容成分や配合されている成分の品質がとても良いので、私も愛用していたことがあるのですが、実験的にマツエクをしつつDUOクレンジングを使ってみたところ、特に問題は無かったです。他のマツエク対応のクレンジングに比べると確かに取れやすくなる感じはありましたが、それほど気にすることはないかなという結論に至りました。気になる方は、公式サイトのQ&A通り、やめておいたほうが無難でしょうし、もっとマツエクに適したクレンジングはあります。

D.U.Oザクレンジングバームが固形状からオイル(液体)状に変化する様子の画像

プレミアアンチエイジング株式会社から発売されているD.U.O ザ クレンジングバーム(ドゥオクレンジング)。乾燥肌に悩んでいる方に大人気のクレンジングバーム。今までのクレンジングにあまりなかった、”バーム”タイプのクレンジングなので、マツエクに使えるか気になっている方が非常に多いようです。
バームタイプというのは、肌に馴染みやすくさせるために、蜜蝋やワセリンを使用して半固形状態にした物の事です。肌に乗せると、圧力により「とろける構造」になっており、固形状からオイル状に変化するのです。クレンジングの正しい使い方である、手は乾いた状態で使用するというのがポイント。スパチュラと呼ばれるスプーンのような物でさくらんぼ大のバームを取ってから、手に乗せるのです。乾燥肌を改善するのにとても適したクレンジングで、美容成分もクレンジングとしてはあり得ないぐらい豊富に含まれているので、乾燥肌が気になる方は、さくらんぼ大よりも多めに手に取るのがポイント。量が多いほどしっかりと保湿ができます。

動画で学ぶDUOクレンジングの正しい使い方

DUOクレンジングについて興味を持った方は、上記の動画を御覧ください。プレミアアンチエイジング株式会社が公式で発表しているDUOクレンジングの使い方を1分40秒で簡単に解説した動画です。正しいクレンジングの使い方・方法が分からない方は、クレンジングの塗り方なども参考になると思うので一度見てみると良いでしょう。

ページの先頭へ