水生昆虫の生態を研究した結果マツエクを長持ちさせるクレンジングが開発された

水に住んでいる昆虫を、一般的に言って水生昆虫呼ばれています。 水生昆虫には、予想以上にサイズの大きい魚やカエルをターゲットにしている生き物がいます。タガメは周辺の草や枝に隠れながら小さな魚を獲物として狙っています。ミズカマキリは水面下で標的である魚を待ち構えています。マツモムシは水底からターゲットを見定めます。平らな形態をしているナベブタムシは水底の泥の中に潜りながら、自分の上を通る些細な魚等のターゲットを捕食しようと伺うのです。アメンボは水辺に落下してきた昆虫をハンティングします。
あまり取り上げられていませんが、マツエクを長持ちさせるクレンジングは、この水生昆虫の生体を研究した結果、開発のアイデアを得たそうです。アメンボは水の上をスイスイと泳げますが、その体に秘密があるそうです。私もあまり難しい話は分かりませんが、さらに水生昆虫の研究が進めば、永遠に取れずに接着され続けるマツエククレンジングが開発されるかもしれませんね。
吸血性水生昆虫と呼ばれている水生昆虫で半翅目と呼ばれているカメムシの仲間は、タガメ・ミズスマシ・マツモムシ・ナベブタムシ・コオイムシ・タイコウチ・アメンボとされています。彼らは口吻と呼ばれている鋭い針状の口からターゲットの体液を吸血しながら暮らしているのです。 これらの水生昆虫は、これよりさらに二次的にし種分化しながら、割かし大型サイズのミズカマキリ・コンパクトサイズのヒメミズカマキリ・ヒメタイコウチ・タイコウウチに代表されるように、大型サイズの個体及びミニサイズサイズの個体が生息しています。彼らは割とジャンボサイズの獲物をターゲットにハンティングしている種類・小型の獲物をターゲットにハンティングしている種類の主に2つに分かれています。 こういったように水生昆虫は、各々の生活スタイルに応じて棲み分けているのです。

ページの先頭へ