カンジダ症に罹ってしまって大変だった経験

私が、いつものように外で子供と遊んでいたら、急に痒くてたまらなくなってきました。掻きたくて掻きたくて、一回家に帰って思い切り掻きました。掻いても掻いても、強烈な痒みでたまりません。これは、ただごとじゃないと鏡で見てみました。すると、赤くなってるだけだったので、家にあったらかゆみ止めをつけてしまいました。その日のお風呂も念入りに石鹸で陰部を一生懸命洗いました。次の日、まだ痒くてたまらないので鏡でみてみると、真っ白になっていました。驚いて、綿棒でとろうと試みましたが、全く取れません。変な病気になったんだとネットで検索して、カンジダ症とわかりました。次の日、すぐに婦人科を受診しました。先生が、これは、症状がひどい、早く来れば良かったのにとおっしゃっていました。まさか、陰部に抗生物質をぬってしまって酷くなったとは言えません。先生は、白くなっているところを全部除去して、タンポンのようなものを入れてくれました。家に帰って、その薬がついたタンポンをぬくのですが、膨らみすぎてなかなか出しにくかったです。出してみると、白いカスがたくさんついていました。膣に入れる薬が一週間分と、真菌剤の塗り薬を処方してもらいました。最初は、お風呂でながすとカスが沢山でてきました。段々痒みが収まってきて、一週間経ちました。ガンジダ症になったのは、風邪薬などをのんだ後になりやすいらしいのですが、私は飲んでいませんでした。おそらく、免疫が下がっていたのだと思います。あれから、たまにおりものが変なときがあります。すごい量でたり、カスっぽいのがでたりしました。半年くらいたってようやく普通のおりものになりました。カンジダ症は、自分には関係なく性感染症だと思っていたのですが、風邪薬のような抗生物質でもなることを初めて知って驚きました。とにかく、あの痒みは尋常ではないのでたまらないです。あれから、抗生物質を控えるようになりました。

ページの先頭へ