マナラホットクレンジングゲル

モデル”益若つばさ”さんが愛用したことで話題を呼んだ、日本で一番有名な毛穴の黒ずみ除去するための洗顔料!芸能人、女優が毛穴の黒ずみが綺麗なのって、マナラホットクレンジングゲルを使っているからなんですよ。他にも有名な愛好者には芸能人の紗栄子さんなど。

マナラマツエクに最高!

  • 公式でマツエクに使える!と発表しているので安心!
  • 美容液成分が全体の91.4%洗うクレンジングなんです。
  • 鼻の毛穴の黒ずみを落とす為に芸能人・モデルも使用してます。
  • もちろん普段使いのクレンジングにもOK!
  • 45日間の全額返金保証付!満足できなかったら即返金!

ビオルガクレンジング

マツエクにも使えると話題のホットクレンジング!近年ではホットクレンジングが美容効果が高いという認知度が上がってきているので、非常に人気なのです。無添加オイルフリーなのでマツエクにも問題なく使用可能なのが嬉しいポイント。

なぜビオルガクレンジングなの?

  • 7日間のお試し体験ができる
  • 肌年齢を若返らせよう!毛穴ゼロのつるつるお肌へ。
  • マツエクにも使えるしアンチエイジング効果も期待できちゃう♪

リ・ダーマラボ
モイストゲルクレンジング

マツエクにも使えるモイストゲルクレンジングが、今なら一本無料プレゼント!日々のクレンジング代を節約したい方にとってこれは嬉しい特典ですね。

  • 一種類の界面活性剤を使用しているので、まるで洗う美容液
  • 美容液成分が99.6%!洗う美容液はコレ!
  • たった3,000円で4ヶ月分の高級クレンジングが買えちゃう!

マツエクでも使えるクレンジングって?

今やまつげエクステ、通称マツエクは女性の生活において必要不可欠なものとなっていますね。すっぴんでも付けまつげをつけたようなぱっちり目になり、彼氏の前でも自信を持ってすっぴん姿を晒せるようになった女性も多いですよね。さて、しかしこのマツエクには困った悩みがありますね。それは「クレンジング」です。マツエクは自まつ毛に専用のグルーを使って、アイリストによって施術が行われており、非常にデリケートです。水、油分などは大敵です。汗をかかないように気をつけたりすればいいですが、本当に困るのはクレンジングですよね。ここでおすすめしたいのが「拭き取り式」と「ノンオイルのクレンジングジェル」の2点です。拭き取り式のものは最近でも多くの商品が出ていますよね。ただ私的には拭き取り式で選ぶポイントは「値段より質」です。大手ドラックストアなどでは良く売られているのでついつい値段の安いものに手を出しがち。ですが、コスパが良くてもクレンジング力はイマイチ・・・なんていうものも良くあります。拭き取りで手軽に落とせても、実はファンデやアイラインが残っていてシミやくすみの原因に。これではもったいないですね。ですが、残業帰りに疲れた時などササッとクレンジングできるのは大事ですね。ビオデルマから出ているクレアリヌはコスパ・品質ともに良い方だと思います。次がノンオイルのクレンジングを使う事です。最近ではマツエクしても使えるクレンジングと言うものもかなり増えてきました。ここで私がオススメしたいのがサンタマルシェのディープクレンジング(グリーンティー)。まずオススメなのが量が多い!一人暮らしなら3ヶ月はもつと思います。そして洗い上がりが非常にさっぱりしていて、ダブル洗顔なしと言うのも大きな魅力の一つです。緑茶の良い香りも癒されます。いろいろなクレンジングを紹介させていただきましたが、参考になりましたでしょうか?クレンジングに気を使うだけでマツエクのもちは凄く変わります。決して安いとは言えないマツエク。少しの工夫で、ぱっちりまつ毛を維持していきましょう♪


マツエクに使えるオイルフリークレンジングについて

毎日使用する物で、一番デリケートな皮膚の部分の洗顔クレンジング剤って、本当に選ぶのに苦労します。毎日使う物だし、肌に良く、且つしっかりとメイクも落とせるタイプの物が理想ですが、私はそれ以外にも、マツエクをしているので、オイルフリータイプの物でなければならないと言う、もう一つの重要なポイントがあります。
マツエクを初めて付けたとき、クレンジングはオイルタイプは辞めて下さいと、付けてくれたスタッフに言われ、その日の帰り道に、1時間以上もドラックストアでどれが一番良いのか迷ったことがありました。今ではマツエクもメジャーとなってきている為、マツエクを付けていても使えますなどのポップが、メイク落としコーナーで良く見かけるようになりましたが、私が付けた当初はそこまでまだメジャーではなかったので、本当に迷いました。オイルフリーと聞くと、メイクがちゃんとに落ちないのではないかと不安に感じる人が多いと思いますが、私も当初はそうでした。しかし、逆にオイルフリーはダブル洗顔が不要なので、それひとつで綺麗に落ちると言うメリットの部分を知ってからは、私の洗顔タイムにはかかせないオイルフリークレンジングになっています。きっとマツエクをしていなかったらずっとオイルタイプのクレンジングを選び使っていたと思います。オイルタイプも良い点は沢山あると思いますが、私はこの先もずっとオイルフリークレンジングを使っていきたいと思っています。マツエクに使える一番お勧めのオイルフリークレンジングはマナラです。私が過去に使った中で一番マツエクが長持ちした、影響がなかったと実感したクレンジングはマナラホットクレンジングゲルでした。芸能人も沢山使用している高級クレンジングですが一度使うと病み付きです。初回購入であれば2,990円で購入できます。PLAZAやLOFTなどにもおいてますが、定価の4,000円なので最初はネットから購入するのが絶対お勧めです!


マツエクを長持ちさせたいならクレンジング選びは慎重に

私はマツエクを付け始めてもう10年ほど経ちます。今では付いてる状態が普通ですが、付け始めた頃はクレンジングをするときにとても気を使いました。マツエクは取れやすくて特にオイルに弱いのです。マツエクがなければクレンジングをするとき、アイメイクをゴシゴシと落とせるのですが、そういうわけにはいかないので、私はアイメイクは専用のリムーバーで落としています。そのあとに通常のメイクを落としますが、このときに使用するクレンジングもオイルは使わないようにしていますよ。中には「マツエクにも使えます」という表記があるものもありますが、私はリキッドタイプのクレンジングを長年使っています。肌質にもよるかと思いますが、ミルク系のクレンジングならより安心かもしれますん。私のようにサッパリ落としたいタイプであれば、リキッドで大丈夫です。そしてなるべく目元を避けてますね。マツエクは自然に抜け落ちるのですが、どんなにキレイに保っても、1ヶ月が限界かと思います。なので月に1度のペースでリペアしに行くのですが、マツエクはけっこういいお値段するんですよね。私が行くサロンは付け放題で1万円しないくらいです。なので、クレンジングで誤って取れてしまったらとても痛い出費になるので気を付けるようにしていますよ。あとはクレンジング後の洗顔も、なるべく泡をモコモコにして、手でこすらないように泡で洗顔するようにしています。顔を拭くときもタオルで目元をゴシゴシ拭けないので、優しく抑えるようにしてマツエクが少しでも長く保てるように頑張っていますよ。


マツエクに使えるクレンジングの口コミは?

マツエク使用者が特に気にしているのが、使用時のクレンジングですよね。マツエクは、専用の接着剤(グルーと言います)で睫毛1本1本にマツゲチップを付けて行くのですが、その接着剤はとてもオイルや水分に弱いのです。そのため、毎日必ず洗顔をするので、その際に使用するクレンジング剤がとても重要となってきます。マツエクに使用出来るタイプとしては、オイルフリーの物ですが、その中でも特に気になっている2種類のクレンジング剤について調べてみました。まず一つ目がマナラホットクレンジングゲルです。この商品は、マツエク着用者にも利用出来るとして今急速に人気となっているクレンジング剤で、特徴としては、美容液のようなクレンジング剤です。使用時は少しゲルを温めてから使用し、マッサージすると温かくなっていき、毛穴が開き汚れもさっぱりと落ちます。ダブル洗顔不要なのも特徴で、口コミでもその点が好感触との投稿が多く見られます。次にご紹介するのが、ラチェールのメイク落としです。こちらはジェルと言うよりは、手触りからして美容液のような肌触りです。ヒアルロン酸とフルーツエッセンス配合で、とても保湿力があるとの口コミが多いのが特徴です。またコエンザイムQ10とビタミンE 配合の小さなオレンジの粒が入っていて、美容にもとても良い成分がふんだんに含まれています。マツエクを付けていると、思い切り洗顔が出来ない、良くメイクを落とせる洗顔剤を使えないなどのイメージがあると思いますが、この2種類のクレンジング剤は、ちゃんとメイクも落とせて、尚かつ美容効果もありますので、マツエクを付けた際のマイナスポイントをカバーしてくれる強い見方とも言えます


市販のクレンジングはマツエクに良くない

マツエクを付けている人はどんなクレンジング剤を使っているのか気になります。マツエクを付けている人は、どんなクレンジングでも使える訳ではないからです。 では、そもそもマツエクとはどのような物かをご紹介します。今やお化粧同様に使用している人が増えていますが、美容院などで施術をしていて、専用の接着剤にて、自分のまつげに1本ずつ人口まつげを付けていく物です。本数は100本~多い人は200本を 付ける人も居ます。付け替え時期は一ヶ月くらいのペースが大まかな目安となっています。料金は本数によって変わってきますが、ネイルなどのようにそこまで高い値段ではありません。しかし、ネイルと違って、施術後のケアが必要となってくるのです。それは、接 着する際の接着剤が、今多くクレンジングで出回っているオイルタイプの物だと剥がれ落ちてしまう、摩擦に弱い為、洗顔時の注意が、持ちを良くする為には必要になってきます。そこまで高い料金ではないけれど、すぐに取れてしまっては、また付ける際に倍料金 がかかってしまいます。 そこで、クレンジング選びが重要になってくるのですが、ドラックストアなどで手軽に手に入る、金額もそこまで高くない物を皆、探しています。人気のタイプになりますと、オルビスクレンジングリキッドやDHC薬用ディープクレンジングオイルは手頃な金額で 手に入ります。お手頃な上、しっかりとメイクも落ちるとの口コミが多いです。また、やはりマツエク使用者でも、少し値段が他の物よりは高いですが、マナラホットクレンジングゲルや、ラチュールは、マツエクにもやさしく、尚しっかりメイクも落とせ、その上 美容効果もあるとのことで、密かな人気を呼んでいます。


マツエクに使えないクレンジングとは?

クレンジング剤には、大きく分けると、オイルタイプ、ジェルタイプ、リキッドタイプ、ミルクタイプ、ローションタイプと分けられます。それぞれに良い点や悪い点様々ありますが、今女性の大半と言っていいほどお化粧感覚で付けているのがマツエクです。マツエクとは、自分のまつ毛1本1本に人口的に作られたエクステを付けていき、長さやボリュームを楽しむものです。少し前には、皆が髪の毛に付け毛を付けて長さや色を楽しんでいた、髪のエクステと同じような原理になります。マツエクをつけるだけでお化粧をしなくても、しているような大きな目に見える、お化粧の時間短縮など、とても魅力的な物です。しかし、先ほど例に上げたクレンジング剤の種類ですが、この魅力的なマツエクにとって、とても大敵とも言える種類のクレンジング剤があるのです。それはオイルタイプのクレンジング剤です。理由としては、マツエクを1本ずつ自まつ毛に付けていく際に、接着剤を使用するのですが、その接着剤は空気中や接着する物の水分によって固まるしくみとなっているため、オイルタイプだとその接着剤がはがれてしますと言う理由からです。良く油と水は交わらないと言いますが、マツエクでも大敵と言う事です。マツエクを付けている人は、クレンジング選びにも注意が必要と言う事です。


オイルクレンジング

一日の終わりには、一日化粧をしてきた顔をさっぱりと綺麗に落としてから休みたいですよね。私は、以前からガッチリとメイクをしていたので、オイルタイプのクレンジングを使っていました。オイルタイプは、メイクをきちんと落としてくれると言うイメージもあり、またウォータープルーフの化粧品をアイライナーやマスカラに使っていたので、オイルタイプがすっきりと落とせて愛用していました。しかし、友人の勧めでマツエクを付け始め、実際付けてみると、毎日かなりの時間をかけてお化粧をしていたのですが、お化粧時間も短縮になり、また、お化粧なしでの外出も気にならなくなり、手放せないマツエクとなっているのですが、愛用していたオイルタイプのクレンジングが使用出来ない事が判明したのです。マツエクを付けている接着剤がこのオイルに反応してしまうらしく、マツエクが剥がれてしまうとのことでした。でも、マツエクを付けてからはウォータープルーフのマスカラなども使用しなくなり、お化粧そのものが薄化粧になったので、今はオイルフリーのクレンジングを使用しても化粧残りなど気になりません。マツエクは、そう考えると肌にも良く、時間の効率も良く、今までお化粧にかけていた金額も減って、良い事ばかりです。まだ試した事が無い人や、日々のお化粧をスピーディーに終わらせたい人は、ぜひ試して欲しいです。その際はオイルタイプのクレンジングは使用不可なので、それだけ気をつけましょう。

マツエクしている人向け、マナラホットクレンジングゲルの使い方

マナラホットクレンジングがマツエクにも使用可能ということが分かったそうです。今月号のマナラ倶楽部に記載されているそうなので、会員の方は要チェックかもしれません。改めて、ここでマナラホットクレンジングゲルを使うポイントをおさらいしておきましょう。まずはマツエクを擦らないようにしっかりと目元メイクを落とすようにしましょう。目元にメイクが残ってしまうと色素沈着の原因になりかねないので特に注意が必要です。クレンジングは素早く行うのが良いという事を聞いたことがあるかもしれませんが、これは間違っています。ゆっくり時間をかけてしっかりと落とすようにしましょう。クレンジングを行う際は水ではなくてお湯を使った方が効果的です。お湯を使うことで毛穴を開かせて毛穴の中に入った汚れや化粧が落ちやすくなります。クレンジングには様々なタイプのものがあります。クレンジングオイルは洗浄力はありますが、油っぽくなってしまいがちです。クレンジング後の洗顔のし過ぎに注意しましょう。ジェル状になっているクレンジングは洗浄力があまりないので肌をごしごししてしまい肌を傷つけてしまう事があります。敏感肌の人は特に注意して使いましょう。ふき取りタイプのクレンジングは手軽に化粧落としが出来ます。でも刺激もその分強いので使用の際はあまりこすりすぎないように注意してください。このように化粧の仕方によってクレンジングを変えることをお勧めします。ナチュラルメークの時は軽く落とせるタイプのもの、結婚式などの時の勝負メークの時はしっかりと落とすことが出来るクレンジングといったように、自分の肌に合ったクレンジングタイプを選びましょう。

ページの先頭へ